Close

ABOUT

サービス概要

“京都で暮らしながら働く”ための
人材紹介サービスをはじめました

採用活動は人と会社、人と人のつながりの中で紡がれていくもの。

届けたい人材に採用情報が届くように。

京都で移住支援や拠点運営、採用支援などに取り組んできたツナグム。
京都で若者と地域をつなぐまちづくり会社 基地計画 と共に展開する
京阪神の中小企業への就職・転職活動をお手伝いするための人材紹介サービスです。

INTERVIEW

私たちの想い

UIターンで移住を決める際に
一番気がかりなのは「仕事探し」かもしれません

 現在、京都出身で京都を離れて働いている方のUターン率は、32歳を区切りに下がっていくというデータがあり、それまでの期間で「キャリアチェンジ」や「移住」を考える方が多いです。 実際に京都移住計画のメンバーの多くも、その年齢に差しかかるタイミングで東京から京都にUIターンすることを選んでおり、わたし達の知り合いの中にも同じ時期に京都に移住し、会社を始めたりフリーランスとして働いたりしている方がおられます。

INTERVIEW - 田村 篤史 (ツナグム 代表)

 わたしは以前、東京の転職エージェントで働いており、盆と正月にしか地元に帰っていなかったのですが、実際に「京都」に戻ってみると親の近くで暮らしながら子育てができることや、自然や文化・慣習に囲まれた場所で四季の変化を感じながら暮らせること、地域のお祭りや日々の小さな営みに携われることなど、自分にとって “暮らしやすい” 環境が整っていることを感じています。

POINT _ 1

移り住む先の「仕事」紹介だけでは終わらないサポートを

 京都に移住するにあたって、“京都は排他的でいけず(いじわる)される” というイメージがある方も少なくはないと思います。また、これは京都に限った話ではないですが、物事の進め方やスピード感が地域によって異なることがあります。 こういった風土や文化の違いによる地域の差異は明文化されておらず、Uターンしてきた身でも慣れるまでに時間を要したので、Iターンの方はなおさら敏感になるかもしれません。だからこそ、「暮らす地域」や「働く企業」のいい面も悪い面も知ってもらった上で、自分らしくいられる環境を選んでもらえればと思っています。また、京都暮らしの楽しみ方は幅が広いので、仕事だけではなく個々の興味関心に合わせた「おすすめスポット」をわたし達がご紹介させていただきます。

POINT _ 2

大学生の就職活動におけるローカルキャリアの可能性

 現在、大学卒業後の進路選択で大手企業や東京へ行くことを選ばれる学生さんは多いかもしれません。わたし達は京都から出て行くことが必ずしも悪いことではないと思っていますが、“なぜ東京へいくのか?” “なぜ大手企業を選ぼうとしているのか?” を、周りに流されることなく一度立ち止まって考えることが大事だと思っています。 なぜなら、そういった東京の大手企業で勤めていた人たちが今、地方や地元に可能性を見出し、新たに挑戦しようとしているからです。足元にある魅力は身近すぎて見落としがちだからこそ、京都で働く・暮らすことの意味を見つめ直したい時、京都へのUIターンを考えたい時はぜひ、わたし達にご相談ください。 京都には老舗と呼ばれる企業から、小さくとも最先端の技術やテクノロジーで高い収益をあげる企業、文化を活かしたグローバルな事業展開に取り組みたい企業、さらにはソーシャルビジネス(社会課題をビジネスを通じて解決する)企業なども多く、皆さんがこれまで培ってきた経験や、チャレンジ精神を活かすチャンスを得ることができるかもしれません。 多様な働き方や暮らし方が選択できる場所だからこそ、みなさんの次のステップとして「京都」を選んでいただけると嬉しいです。

大学で学んだことや感じたことを
大切に社会に出るということ

INTERVIEW - 滋野 正道 (基地計画 代表)

 今回、共に人材紹介事業に取り組んでいる基地計画代表の滋野。大学在学中に就職活動を経験しつつ、卒業後は大学院に進学することを決心。研究の傍、休学をして祖父母の家がある「綾部市」で働き方の多様性に触れ、枠を超えた暮らし方や生き方の人たちに数多く出会ったことで、ある種のカルチャーショックのようなものを受けたそう。 そんな京都府北部地域で「いなか留学」や「ローカルインターン」といった取り組みを始めたのも、自分が地域に入って感じたことを、もっとたくさんの学生たちに届けたいという思いから。 現在、彼自身も所縁のある綾部市で働いており、現場ではもっと地域にある「仕事」に若者が携われる仕組みをつくっていくことが必要だと感じているのだとか。 大学卒業後の進路選択はもっと幅が広いものであっていいからこそ、 “こんな入り口もあっていいよね” という流れをつくっていけるよう、大学や地域をつなげる役割を担っていけるようなサービスとして育てていければと思っています。

POINT _ 3

届けたい人材に、企業の採用情報を届けていくために

 普段、わたし達が仕事をしている中で、地域の企業さんから “求人広告を出すだけでは、必要とする人材に採用情報を届けにくい” というお声や “良い人材に出会いたいが、大手就職サイトに掲載するのは金銭的な負担がある” というお声を耳にすることがあります。 わたし達はそんな企業さんの外部採用担当として、お仕事内容や職場の環境をお伝えし、企業に適した人材の確保をお手伝いしていきます。 近年、採用の選択肢は多岐にわたっており、弊社としても「求人広告」や「人材紹介事業」を提供できるようになりましたが、必ずしもこのどちらかが最適というわけではありません。 就転職希望者に “どういう想いで仕事をしているのか” “どんな仲間を求めているのか” をお伝えするためには、良いことばかりではなく、大変なことや厳しいことも含めて、等身大の会社を知ってもらうことが、長い目で見た時に良いご縁になると信じています。 また、基地計画は「地域や田舎に興味がある学生」とのつながりが強く、就職活動中の学生にも採用情報を届けられるので、これから地域の企業さんと共に新卒キャリアの新しい進路を作っていければと思っています。 まだまだこれからの事業ではございますが、これから一緒にこのサービスを育てていただける企業さんに巡り会えると嬉しいです。ご興味をもっていただけましたら、ぜひお気軽にご相談・ご登録をお願いします。

ひとりひとりの暮らしに寄り添い、あなたらしく働けるお仕事をご紹介します
人材紹介サービス担当 – 川中一樹(ツナグム)

 本サービスで主に相談窓口を務める川中はこれまで、日本全国で若者の就職支援やIT業界・福祉業界における人材紹介など、幅広く「就職」に関わる事業に取り組んできました。

 生き方・暮らし方のターニングポイントになる「就職・転職」には不安がつきもの。ただ単に “お金を稼ぐ” ことや “前職に対する不満の解消” という理由だけではなく、大事な分岐点になるからこそ、しっかりとヒアリングを重ね、その不安をひとつずつ取り除きながら、その人に合った暮らしや仕事の提案をしていきます。

“就職の相談に来た人が、帰る頃にはスッキリした笑顔になるように”

 これは、川中が前職のキャリアコンサルタント時代に心がけていたこと。彼自身も30歳の時に新たな家族を迎え、京都への移住を決心。“仕事があったから” 京都に移ることができたと当時を振り返ります。また、程よく都会も田舎もあるので、暮らす環境も自分たちに合った場所を選べることが京都の魅力です。これから仕事探しをはじめたい方はぜひ、お気軽にご相談ください!

SIGN UP

登録フォーム